シニア主婦の日々の記録。希望を持って老いと病を受け入れ、重たい荷物を一つずつ下ろしていきます。片付け、断捨離、介護のこと、シニアになってから買って良かったもの、美味しいと感激したものなどについても紹介していきます。

ババア!と言われ、考えたこと

2021/03/24
シニアの独り言

シニアブログ・にほんブログ村へ
シニア日記・人気ブログランキングへ



昨日は亡くなった父のお墓参りに行ってきました。

お墓参りをすると、なぜか心がスッキリします。本当は花粉の影響で目も喉も痒かったのですけど、心だけはスッとしました。

自分の中にある汚れた気持ちが浄化されていくような感じです。



そんないい気分のまま国道を走っていて左折しようとしたら、交差点を入ったところの横断歩道を悠々と歩く若い人の集団が。高校生ぐらいに見えました。

歩行者側は赤信号です。

思わず私は、彼らの顔を見てしまいました。

別ににらんだわけではなく、単純にびっくりしたのです。なぜ、赤信号なのにこんなに悠々と横断歩道を渡っているのかと。



そのうちの一人と目が合ってしまいました。

「クソばばあ」

そう言われたのが、車の窓ごしでもはっきりわかりました。



腹が立つというより、怖かったです。私の車を蹴られるかも?とまで思いました。

そのぐらいその子の顔はひきつっていました。

ただ目があっただけです。

こちらはちゃんと車を停止させて待っているわけで、クソばばあと言われるようなことはしていません。

普通の子たちです。いわゆるヤンチャな感じのする子たちではありませんでした。


y車 ハンドル
(過去記事で使った画像です)


彼らはなぜ、信号を無視して横断歩道をゆっくりと渡るのでしょうか。

なぜ、目が合っただけの「老婆」の私に腹が立つのでしょうか。

何か学校で嫌なことでもあったのでしょうか。もう春休みのはずですが。

それとも、老婆の私に車の運転はするなとでも言いたかったのでしょうか。




よくわかりません・・・

私にも高校生だった頃があったけれど、なんの害もない初対面の他人に腹を立てることはなかったです。

なんだろう?彼らは何にイライラしているんだろう。



家に着くまでのあいだ、私は車の中でずっとこんなことを考えていました。

目が合っただけで「クソばばあ」と言われ、たしかに怖かったし腹も立ちました。

でも、悲しく切ない気持ちのほうが大きかったです。



信号を無視して歩く。目が合った他人に罵声を浴びせる。

そんなことでもしないと、彼らは、誰かに見てもらえないのでしょうか。

あれも一種の承認欲求なのかもしれません。



モヤモヤしたままでは辛かったので、帰宅してすぐお仏壇に手を合わせました。

まあ事故にあったわけでなし、そのうち忘れられると思います。1日が無事に終わればそれでいいです。

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ 





貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
捨てても、大丈夫だったもの
シニア世代の素敵な暮らし
ああ、介護
シンプルライフのはじめ方
ブログ村テーマ
関連記事
佐々岡友莉子
Author: 佐々岡友莉子
シニア主婦、友莉子と申します。
希望を持って老いと病を受け入れ、重たい荷物を一つずつ下ろしていきます。
片付け、家計運営、同居の義母の介護、使ってみて良かったもの、食べて美味しかったものなども、少しずつご紹介していきたいです。

プロフィール・にほんブログ村



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
PVアクセスランキング にほんブログ村