シニア主婦の日々の記録。希望を持って老いと病を受け入れ、重たい荷物を一つずつ下ろしていきます。片付け、断捨離、介護のこと、シニアになってから買って良かったもの、美味しいと感激したものなどについても紹介していきます。

多すぎる紙袋を減らすコツ

2021/04/16
生前整理・片付け掃除
お店で商品を入れてくれた紙袋が家にたくさんありませんか?

綺麗だから、何かに使えるから、もったいないから。そういう理由で、わが家にも100枚以上の紙袋がありました。

1か所では保存できず、食器棚と壁のすき間、押入れの家電の箱と壁のすき間、クローゼットにつった服の奥、床下収納にも。

どう考えても10年以上は保存したままの紙袋もありました。

今回は、そんな私がどのようにして紙袋を減らしてきたかについてご紹介します。

私のプロフィール・にほんブログ村


y紙袋2


たしかに、おすそわけやサブバックがわりに紙袋は何かと便利です。

でも私の場合は明らかに持ちすぎでした。

そんなにしょっちゅうおすそ分けするほどのものも買わないし、もらわない。サブバッグだって何十枚もいらないのに。


Y紙袋1


壁とタンスのすきまにひょいひょいといれ、集めてしまった紙袋。

その上に埃もたまって、なんだか部屋全体の空気まで濁ってしまったように感じはじめました。

気になってくると、どんどんそう感じるものですね。

「こんなにためこんで、何に使うの?」自分に呆れ、こう聞きたくなりました。

そこで、出来るだけ気持ちよく手放せるよう、少しずつ処分することにしました。




紙袋の処分方法・・・


◆冷蔵庫で野菜などの収納に使い、傷んだら捨てる
◆ゴミ箱かわりにして、たまったらそのまま捨てる
◆引き出しのなかで、収納の仕切りとして使う(持ち手は切り取って)
◆中身を見られなくない下着などを捨てる時に使う



紙袋、みなさんは何枚あれば安心ですか?

私は今、大中小それぞれ4~5枚ずつぐらいをめどに置いています。これで困ったことはありません。

それ以上増えたら、上記のような方法で処分しています。これぐらいだと、場所をふさぎません。

この枚数にまで減らすのにだいぶ時間はかかりましたが、いったんそこまで減らしてしまうとあとは楽でした。






紙袋の定数を決め、かつ、増やさないよう(お店でもらわないですむならそうする等)に。

そうして、100円ショップでみつけた本立てに紙袋を立てて収納しています。



「何かに使えそう」とためこみがちですが、たたんで収納していてもたまってくると案外場所を取りますね。

よかったらこんな方法で減らして、ラクに保存してみてください。

2つのブログランキングに参加しています。多くの応援ポチ、いつもありがとうございます。嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ 





シニア・中高年日記
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
捨てても、大丈夫だったもの
ああ、介護
シンプルライフのはじめ方
ブログ村テーマ
関連記事